8月 19 2016

千葉で葬儀を行うので「浦安市斎場」はどのような概要があるのか

千葉県浦安市にある「浦安市斎場」は、最寄り駅が舞浜(ディズニーランド)ということもあって、千葉の中でも人気の高い葬儀場です。

概要をご紹介しましょう。

■火葬場併設で立地が良いから。

浦安市斎場の良さは、火葬場が敷地内にある併設型の葬儀場であること、そして立地環境がいいという2点にあると思います。

火葬場併設なので葬儀場に着いてしまえば、その後は敷地外への移動がなく、会葬の方々への気遣いが少なくて済みます。

葬儀場から火葬場へバスで移動して、待たされてまたバスで葬儀場へ帰ってくるのは、故人を弔うためとはいえ手間がかかります。

夏場や冬場の移動にはときに気を遣いますので、「できれば敷地内でスムーズに終わらせたい」という方が増えています。

■お子様連れの参列者が多い?

「小さいお子様は連れて行かない方がいい」昔はそう言われることもありました。

〇関連サイト紹介・・・葬式やお通夜に子供(小さい子供)等は連れて行かないほうがいいの?

人から聞いた話ですが、この浦安市斎場で執り行われる葬儀には、お子様連れの参列者が多いそうです。

その理由は、浦安市斎場の立地が“舞浜にあるから”です。

舞浜はディズニーランドのあるところですから、「どうせなら帰りに寄り道して」ということになるのでしょう。

アクセスはJR京葉線「舞浜駅」が最寄り駅で、そこからタクシーを利用して約10分。

バス便なら同じ舞浜駅から東京ベイシティ交通の20系統「千鳥循環」に乗れば、約10分で「浦安斎場」と名前の付いたバス停に到着します。

■葬儀場の規模は100席と50席の2ホール。

火葬式や家族葬にも対応OKで、浦安市運営の公営斎場という安心感も人気の理由です。

一般葬はもちろん、家族葬、1日葬、火葬式など、形式・宗派を問わず何でも対応してくれます。

火葬併設で移動がないため、マイクロバスや霊柩車の手配が不要。

そのうえ、通夜・葬儀・火葬のあと、初七日、精進落しまでをすべて終わらせることができます。

Comments are closed.